K.Sasada's Home Page

こめんとのついか

こめんとこめんと!

message

please set comment :).

_16(Sun)

Ruby VM アドベントカレンダーの 16 日目です.

せっかく誰も見ないようなコアな話をする場所なので,誰も興味なさそうな TracePoint の実装について述べます.

vm_trace.c にあります.ここには set_trace_func を行う rb_add_event_hook() などがまず実装されており,そのあとそれを使って set_trace_func が実装され,それと並行に TracePoint API が実装されている,という感じです.

Trace を安全に無効にする処理に,ちょっと工夫がありますが,もうちょっと綺麗になるんじゃないかと思っています.

まぁ,あとは読めば判ります.簡単です.もしわからない,という場所がありましたらコメント下さい.

では,今日はこの辺で(手抜き).


好きにコメントを編集してください。ただし、あまり他の人のコメントを書き換えることは感心しません。



back

tton 記述が使えます。YukiWikiな記述してりゃ問題ありません。

「行頭に#code」 と、「行頭に#end」 で挟むと、その間の行は pre で囲まれます。プログラムのソースを書くときに使ってください。

例:

#code

(なんかプログラム書く)

#end

リンクは

[[なまえ|http://www.example.org]]

とか

[[http://www.example.org]]

で貼れます。

$Date: 2003/04/28 10:27:51 $